Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

わきがだけど肌が弱くてデオドラントを塗ったらかゆみ・赤み・ヒリヒリが気になる

こんにちは

わきがだけど肌が弱いからデオドラントを使った時に脇がかゆくなったり赤くなったり、ヒリヒリするという方がいると思います。

それってデオドラントがあなたの肌にあってないってことだったりするんですけど、わきがだとデオドラントを使わないでいるととても不安な気持ちになりますよね。

自分の肌が荒れるからデオドラントを使えないといっても、他の人が知っていいるわけじゃないですし、ニオイがしたときには人に嫌われると思ってしまいます。

なので、わきがだけど肌に合わなかった時にどうしたらいいのか、どうやってデオドラントを選んだらいいのか調べてみました。

デオドラントを使っていてかゆみや赤みが起こる原因は?

かゆみや、赤み、ひりひりしてかぶれたり肌荒れが起こるのは、次のようなものが原因になることがあります。

刺激が強い成分

デオドラントの中には刺激が強い成分が含まれていることがあります。

特に塩化アルミニウムはかゆみや赤みの主な原因になりやすく、市販のデオドラントには含まれていることが多い成分です。

→「制汗剤やデオドラントに使われる塩化アルミニウムはかゆみ・かぶれの原因になる

金属アレルギー

金属アレルギーがある方だと、デオドラントでかゆくなったりかぶれることがあります。

デオドラントで含まれていることがあるのは銀、アルミニウム、カリウム、亜鉛です。

もしどれかの金属元素でアレルギー反応が出るなら使用しない方がいいでしょう。

→「デオドラントで湿疹、肌荒れが起きるのは金属アレルギーが原因?

アルコール

ロールオンタイプのデオドラントを使って肌荒れが起こっている人はアルコールが原因になっている場合があります。ロールオンタイプやシートタイプ、ジェルタイプのデオドラントはアルコールが溶媒として多くの量が使われています。

アルコールは肌に塗ると蒸発するときに肌の潤いを保つために必要な水分や油分を奪ってしまうので、肌が弱い人には刺激が強く乾燥肌や敏感肌が悪化することになります。

デオドラントウォーターやデオドラントシートのようなメントールが入っていて塗った後にスースーするタイプも肌の乾燥を促してしまうので、肌が弱い人には向いてません。

アルコールに弱い人もアルコールが主成分のデオドラントを使うと赤くなってしまう人もいるので注意が必要です。

添加物

デオドラントや制汗剤には香料、着色料が含まれていたり、防腐剤が使われているものもが多いです。

私はスプレータイプやリキッドタイプのものは香料がついているイメージがあります。

わきが体質の人が香料の含まれたデオドラントを使うとわきが臭と混ざって変なニオイになりますし、香料は成分表示では「香料」と記されてしまうので、成分の詳細がわからないにもかかわらず、肌荒れの原因になっている場合もあります。

もし、肌が弱くてわきが対策をしたいと思っている人はできるだけ香料や着色料が入っているものを避けたほうがいいですね。

肌が荒れた時の炎症はどのくらいで治るの? 

炎症が治ってかゆくならないようになるには、刺激の原因となっている成分との接触を避けるようにするといいですね。

肌荒れは一週間程度はデオドラントを使わずに様子を見るようにしましょう。

1週間様子を見ているときには、ニオイケアをすることができないですよね。

なので、できるだけこまめに汗を拭きとるようにしたり、ポリエステルのような化学繊維の服は避けるようにすると、ニオイが強くならずに済むので試してみてください。

肌が荒れているときにデオドラントを使っても大丈夫?

ニオイに悩んでいるけど肌荒れが気になるからって使わないわけにはいかないという方も多いともいます。

ですが、肌が荒れているときにデオドラントを使うとわきが臭が強くなってしまうことがあります。

肌が荒れている時にはデオドラントを使うのはやめましょう。

なぜかというと、わきが臭は肌にいる菌が発生させているからです。

肌には肌にとっていい働きをしてくれる表皮ブドウ球菌と肌に悪い影響を与えたり、食中毒などの原因にもなる黄色ブドウ球菌がいます。

肌が荒れてかゆくなったり、赤くなっているときは肌の状態が悪く、黄色ブドウ球菌などのニオイの原因菌が増えやすい状態になってしまいます。

そんなときに肌への刺激になってしまうデオドラントを使うと、さらに肌を荒れさせてしまいます。

そうすると、どんどんニオイの原因菌が増えるので結果としてニオイを悪化させてしまうことになります。

それに、黄色ブドウ球菌は肌荒れの原因でもあります。

最近の研究では黄色ブドウ球菌はアトピーのような肌荒れを引き起こす原因としても研究が進められています。

できれば、ニオイや刺激の原因になる菌は増やしたくないですよね。

かゆみや赤みが収まってからデオドラントを使うのも止めたほうがいい

かゆみが出たり、赤くなったり肌荒れが起こるけど、わきが臭が良くなるから使い続けたいという人もいると思います。

ですが、さっき言ったように肌の環境を悪化させて結果としてわきが臭に効かなくなったという方もいます。

できれば肌荒れを起こしたデオドラントは使い続けずに別のデオドラントに変えた方がいいと思います。

→「制汗剤でかぶれたら注意!使い続けると悪化してニオイが強くなる?

肌が弱いわけではないのにかゆみや赤みが気になる原因は?

化粧品を使っていても肌荒れを起こさないのに、「デオドラントを使ったらかゆくなったり、赤くなってだめだった」ってケースもあると思います。

肌が弱くないのに脇だと使えないのは脇が刺激に弱いからです。

そもそも脇ってムダ毛処理をすると思いますし、服がこすれやすく摩擦による刺激も受けやすい場所ですよね。

夏場だったらあせもでかゆくなっているだけかもしれません。

デオドラントが原因になることもあって、その場合はすぐには影響が出なかったけど、使い続けているうちに刺激となったケースもあります。

脇は皮膚が薄くて敏感な場所ですけど、デオドラントは毎日使うものです。

わきがで悩んでいる人は毎日外出するときは必ずといっていい位にデオドラントを使うと思います。

だから、毎日少しずつ肌の負担になってかゆくなったり、赤くなるのでしょう。

使っていてわきがに効かなくなってきたという人も同様にあなたの肌には合っていないことが考えられます。

デオドラントを使っていたら肌荒れが気になるようになってきたとかニオイが気になってきたという方はデオドラントが原因かもしれません。

→「デオドラント・制汗剤を使い続けたらわきがに効かなくなる原因

かゆみや赤み、ひりひりが気になる人は刺激の少ないわきが用デオドラントクリームがおすすめ

デオドラントを使って肌の異常が気になるようになった人はまずは使っているデオドラントを使うことをやめて様子を見てみましょう。

その後にデオドラントが原因のようなら別のデオドラントを使ってみてください。

ニオイ対策に使えても、肌に合わないデオドラントを使い続けるのは我慢をしなくてはいけませんし、ニオイ対策という観点でもよくないです。

もし、わきが対策に困っていて市販のデオドラントではかゆみや赤みが気になってしまうようなら、無添加で保湿効果があるクリームタイプのわきが用デオドラントを使ってみるといいと思いますよ。

⇒「刺激が少なく肌に優しい!わきが用デオドラントクリームはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ