わきがの手術をすると脇に傷痕は残る?目立つの?

こんにちは

わきがの手術をすると脇に傷が残るかどうかってかなり気になりますよね。

わきがで悩まなくなったのに、脇の傷が気になるからおしゃれができないなんてなりたくないですよね。

傷が目立つかどうかって、結構というか、かなり大切ですよね。

わきがの手術には傷が残る手術と残らない手術がある

指さし (2)

わきがの手術は1種類だけじゃなくて、病院やクリニックにもよりますが、いくつかの方法があります。

当然ながら、傷が残りやすい手術、残りにくい手術があるんです。

今回は主要な3つの手術についてお話をしようと思います。

それぞれ、分かりやすく説明していきますね。

傷が残らない手術

「ミラドライ」という手術は脇に傷が残りません。

マイクロ波を使って、わきがの原因になる汗腺を破壊して汗が出ないようにする手術です。

マイクロ波を照射するだけなので、脇を切る必要がありません。

傷跡が残りにくい手術

「吸引法」という手術は脇に傷が残りにくい手術です。

「クワドラカット法」なんて呼ばれることもあります。

吸引法は脇を切開した後、カニューレと呼ばれる細い吸引器を挿入して、脇にあるアポクリン腺を除去します。

吸引法はどのくらいの傷が残るの?

吸引法では脇を1cm程度切ります。

吸引法ではカニューレが細いので、挿入するために1cm程度しか脇を切らなくても手術ができるんです。

傷口が非常に小さくてすむので、治りも早く傷口も残りにくくなります。

→「吸引法の傷跡の画像

※一部、手術中の画像なども含まれているので、傷を見るのが気持ち悪いが苦手な人は注意してください。

傷が残る手術

「剪除法(せんじょほう)」と呼ばれる手術は脇に傷が残ります。

剪除法は脇を切開して、皮膚を剥離した後、アポクリン腺をハサミで除去します。

剪除法はどのくらいの傷跡が残るの?

剪除法では脇を4cm~5cm程度切ります。

4cmというと、小さく思われるかもしれませんが、脇の下の幅の半分~3分の2程度です。

言葉では説明しずらいので、参考程度にこちらに画像へのURLをはっておきますね。

→「剪除法の傷跡の画像

ネットで検索しているときに、「手術をしたら傷が残った」とか、「手術跡が気になる」っていうのは、剪除法で手術をした場合が多いみたいでした。

傷口以外にも、色素沈着とか、でこぼこができている人もいるみたいですね。

なのに、なんで、みんな剪除法で手術をするんでしょう?

なんで、みんな剪除法で手術をするの?

腕組み (7)

「傷が残るのに、なんでみんな剪除法で手術するの?」って思いませんか?

剪除法は他の手術に比べると、2つのメリットがあったんです。

それは「手術の費用が安い」「わきが治療として効果が高い」のが理由です。

手術の費用が安い

剪除法は吸引法やミラドライのような手術とは違って、保険を適用して手術をすることができます。

だから、他の手術が20万円~30万円かかるのに対して、剪除法は保険が適用になると5万円ほどで手術ができます。

いきなり、20万円かかりますって言われても、すぐに用意するのが難しかったりしますけど、5万円なら割とすぐに用意ができますよね。

→「わきがの手術を保険適用で受けるための条件は?

参考「わきがの手術に必要な費用はどのくらい?治療費を安く抑えたいです

わきが治療として効果が高い

前提として、わきが臭はアポクリン腺と呼ばれる汗腺が主な原因になっています。

それで、剪除法では脇を切った後に、脇の皮膚を裏返して実際に目でアポクリン腺を見ながら手術をします。

だから、他の手術に比べると取り残しが少なく、再発率も低い手術なんです。

でも、脇を切るので、傷が残りやすかったり、ひきつけや黒ずみのように術後に気になる合併症もいくつかあります。

「リスクはあるけど、その分、効果は高いよ」っていうのが剪除法です。

→「再発させずにわきがの手術をしたい!失敗したくない!

どのくらいの期間で傷跡が目立たなくなる?

悩み (8)

手術後の傷跡を見て、「あれから、脇の傷跡って良くならないの?」「もっときれいにならないの?」と思われる方も多いと思います。

剪除法で手術をした際には、術後2か月~半年の間は傷口がかなり目立つと思っておくといいでしょう。

1年ほどたつ頃には、かなり目立たなくなる人が半数くらいだそうです。

わきがの手術は脇のしわに沿ってメスを入れるので、傷が目立たなくなることが多いです。

その傷が残ったり、残らなかったりというのも、その人の体質にもよるみたいですね。

参考「http://www.gomiclinic.com/oldlog/lg0010.html」

ケロイド体質の人は傷跡がはっきりと残る

小さいころにできた傷って残ってないですか?

私は小さい頃はやんちゃ娘だったので、外で遊ぶことが多くて、転んでけがをすることもありました。

その時にできた傷は今も残っていて、ミミズ腫れのようになっています。

私は小さいころに腕をガラスで切ったことがあって、10cmほどの大きな傷跡が残っています。

こっちは、本当に大きなミミズみたいです。

この盛り上がって赤みをおびた傷跡のことを「ケロイド」って呼びます。

ケロイドができるかどうかは年齢も関係していて、小さいころにできた傷はケロイドになりやすいです。

だから、小さい子供は傷跡が残りやすいんですね。

傷跡は30才を過ぎると、徐々に残りにくくなっていくそうです。

ケロイドができやすい人が手術を受けると、傷跡がミミズ腫れのようになって目立ちやすくなります。

もし、けがをした時に盛り上がった傷が残っている人は覚悟しておかないと、手術後に後悔することになるかもしれません。

私は腕にあるミミズ腫れのことがあったので、傷跡が残るのが怖くて手術ができませんでした。

参考「http://www.woundhealing-center.jp/kizu/kizuato_keloid.php」

傷跡ができた時って消すことはできないの?

悩み (13)

術後から半年以内なら「ケナコルト」というホルモン注射をしてもらうと、傷跡が残りにくくなるそうです。

傷跡の治療は早ければ早いほど、跡が残りにくくなります。

もし、手術をしてから時間がたってしまった傷跡を消したくなったら、修正手術してもらうこともできるみたいです。

どんな時に手術跡が目立つ?

悲しみ

スポーツの時に手術跡は気になる?

高校生くらいまでだと、部活がありますよね。

陸上、バスケのユニフォームはノースリーブが多いし、腕を上げる機会があるので、人に見られる機会は多いと思います。

ダンスやチアリーダーも手を上げることが多いし、映像や写真としても残ります。

ニオイがするのも嫌だけど、傷が目立たり、わきが黒ずんでいるのも気になりますよね。

バレーは手を上げてることが多いけど、肩を出すユニフォームは少ないので、あまり目立たなそうですね。

腕を上げる競技、ノースリーブの主にフォームの競技は人に見られる機会があると思います。

おしゃれをする時は手術跡は気になる?

やっぱり、おしゃれをすると気も、チューブトップやノースリーブの服を着るときは目立つことはあると思います。

普段過ごしている分には大丈夫だと思いますけど、パーティードレスとかって脇を出すデザインが多いですよね。

飲み会とかになると、席が遠い人と乾杯で手を出したり、脇を上げる時があると、ちょっと気にしちゃうと思います。

でも、乾杯の時に脇を見ている人なんているんですかね笑

→「わきが手術を受けた時の脇の黒ずみとか色素沈着って目立つ?

男性はわきがの手術跡…気にしている?

見ないで

本音のところ、女性は男性が脇の傷を見た時にどう思うかって、すごい気にしていると思うんです。

手術跡もそうだし、わきが体質だって思われるのも嫌ですよね。

当然なんですが、世の中にはいろんな男性がいます。

「わきがであることはそもそも害悪」みたいなとてもひどいことをいう人もいれば、「全く気にしないよ」ってちゃんと受け入れてくれる人もいます。

もっとはっきり言うと、どうせ付き合ったらばれちゃいます。

なので、「他の人にどう思われるか」よりも、「自分がどうしたいか」を大切にするといいと思います。

私は手術を受けてはいないのですが、彼に手術について相談したことがありました。

そしたら、彼の方が「彼女のわきがは自分の方から伝えた方がいいのかな」って悩んでいたそうです。

私は彼に打ち明けられた時は「嫌いになるもんじゃないの?」と思ったんですが、本当に好きな人だったら「普段一緒にいてもニオイが気にならないから大丈夫だし、目にいれても痛くない」そうですよ。

「そのままでもいいけど、もしかえでが気になるなら手術したらいいんじゃない?手術して跡が残ろうが、かえではかえででしょ?」って言われた時は嬉しかったです。

変に隠そうとするんじゃなくて正直でいれば、ひどい人は近寄ってこないですし、逆にあなたのことを受け入れてくれる人が近くに来てくれると思います。

納得できないなら傷が残る手術はしないほうがいい

指さし (9)

手術の傷は一生残るものだと思っておくといいでしょう。

わきがの手術をして傷が残ってしまったせいで、後悔している人もいるみたいですし。

じゃあ、手術をしない方がいいのかどうかといったら、あなたが傷が残っても納得がいくかどうかだと思っています。

傷が残ってもわきがをなんとかしたいと思うなら手術をしたらいいと思います。

でも、納得がいかない状態で手術を受けて後悔するのが一番良くないと思います。

当たり前ですけど、大切なことですよね。

あと、仕事が忙しくて、手術後に休暇が取れない人も、脇を無理に動かすと、でこぼこができてしまうので、脇の傷跡はできるだけ小さくしたいという人は、入院などをするといいと思います。

トイレとか、着替える時は、一人だととても大変だし、無理に腕を動かすとそれこそ傷が大きくなったり、合併症にもつながってきます。

もし、少しでも傷跡のことが気になっているなら、手術以外の方法で悩みを解決してみるといいと思います。

私は手術はしてなくてわきが用のデオドラントを使っているだけですが、彼が気にならないくらいにニオイを抑えることができています。

もし、ニオイが気になるなら、あなたもわきが用デオドラントを試してみてはどうですか?

⇒「使っててよかった!わきがに効くデオドラントランキング

コメントを残す

このページの先頭へ