病院でわきがではないと診断されて困っています

こんにちは

わきがや体臭のことで悩んでいるのに、病院で「わきが臭はしませんね。あなたはどうやらわきがではないみたいです。」みたいなことを言われてどうしたらいいのかわからなくて困っていませんか?

病院を受診した時に、「ニオイはしません」「あなたはわきがではありません」と言われても、心のどこかで「私はニオってないかな?」って不安な気持ちはなくならないんじゃないかなって思います。

私がナイーブになっているだけかもしれないですけど、病院で診断してもらった時に、思いやりのない一言があったりすると、とても傷ついてしまいます。

今まであんなに肩身の狭い思いをしてきて、病院を受診すればなんとかなると思っていたのに…

病院でわきがでないと診断された原因は?

診断

病院でわきがではないと診断されるケースも少なくないようです。

お医者さんにはわきがではないと診断された説明を受けるかと思いますが、もしもわきがではないと診断されるとしたらこんなケースが考えられます。

わきがでない

あなたはそもそもわきが体質ではなく、汗臭さや皮脂臭が気になっているだけなのかもしれません。

特に皮脂臭はわきが臭とニオイの発生過程が似ていて、雑菌がニオイの原因成分を分解することで発生します。

脂性肌の人や、脂っぽいもの良くとるという人は皮脂の分泌が盛んだったり、する人は皮脂臭が気になりますし、運動不足のせいで、汗臭さが強くなっていて体臭が気になっているというケースもあります。

自己臭症

中には、あなたがわきが体質だと思い込んでいるケースも考えられます。

ニオイの悩みは相談しずらいので指摘されたことがなかったり、家族にニオイがしてないか確かめてもらったことがないという人は可能性があるでしょう。

誰かに「クサい」と陰口を言われている気がするとか、電車に乗ったら周りの人がみんな私のニオイのことを話しているように思えてしまうという人は、もしかすると自己臭症かもしれません。

特に他人の目が気になってしまう人、他人に気を使いすぎてしまう人も思い込みが強くて、私は「わきが」だと思い込んでしまうことがあります。

あまり人に本音で話せないという人は気を付けたほうがいいかもしれません。

他にも、人の悪口を言ったり、人を見下す気持ちがあると、相手も自分に対してそう思っているのではないかと、自分の心を投影することがあります。

他人のことを責めてしまうという人はその分だけ自分にも返ってきてしまうことがあるので、心の片隅に留めておくといいと思います。

たまたま臭いがしなかった

私はわきがについて勉強してきて、思ったのは、「わきがではない」の境界線て少し難しいってことです。

わきが体質は脇にあるアポクリン腺の数が多くて、活発な人のことです。

もっと分かりやすくすると、生活をしていて、わきが臭が気になる人のことを指します。

もちろん、日本人は体臭が少ない方で、脇にあるアポクリン腺が少なかったり、あまり活動的ではない人もいるので、普段の生活ではニオイが気にならない程度の人がいます。

でも、ポリエステルのドレスを着たりすると、雑菌が繁殖しやすくてニオイやすいので、普段の生活ではニオイは気にならないけど、ドレスを着た時だけわきが臭が気になるなんてこともあります。

自分ではわきがだと思っているのに、もしお医者さんにわきがではないといわれたとしたら、あなたは重度のわきが体質ではなくて、時々ニオイが気になったり、あるシーンだけニオイが気になるような、軽度のわきが体質の方なのかもしれないですね。

ニオイ対策をした

あと、病院でわきがかどうか診断してもらうのに、デオドラントや制汗剤を付けた状態で受診したということはないですか?

外出ですからニオイケアはエチケットだと思って、対策するのは当たり前だと思うかもしれません。

むしろ、習慣になっていると思います。

ですが、わきがの診断をしてもらうときは、デオドラントや制汗剤は付けていかない方がいいでしょう。

正確に診断できなくなってしまいますから。

病院によってはわきがかどうかを診断するために、「一日体を洗わない状態で来てください」なんて言われることもあるそうです。

シャワーを浴びた後に診断してもらっても、ニオイがしないこともありますよね。

服を洗濯をしたときに、すぐ干した時はニオイがしないけど、1時間くらい放っておいてから干すとニオイがしてきますよね。

雑菌がニオイを出すまでには時間がかかるんです。

恥ずかしいかもしれないですけど、診察に行くならシャワーを浴びてすぐに行くよりも、いつも通り過ごして、そろそろニオイがしてくるだろうなって時間帯に診察に行ったほうがいいです。

デオドラントなどのわきが対策はせずに、病院を受診して正確な診断をしてもらいましょう。

病院で皮膚科を受診したけど、診断だけで何もしてもらえなかった

悩み (13)

「わきがの診断や治療が受けたくて、病院にわきがの診断をしたのに何もしてまらえなかった。」

とか、

「ニオイの悩みは周りの友人には相談できないから、病院で話を聞いてもらおうと思ったのに」

なんて人、いると思います。

ちなみに、そういう対応をされたのって近くにある大き目の総合病院とか大学病院とかではないですか?

わきがの手術はあまり難しい手術ではないですし、大きな病院だったり大学病院だと、ほかの施術がメインの先生だったり、研修医の方が担当するなんてことも考えられます。

わきがって本人にとってはとても深刻な悩みで、人といる間はずっと周りを気にしてしまって、疲れてしまいますよね。

わきがって、気持ちの部分も大きく関係してくるんです。

わきがはアポクリン腺を取ったから悩みが消えるんじゃなくて、「私は人から迷惑に思われてない」とか、「人にニオイのことで嫌われてない」って思うことができて、初めてわきがの問題を解決したって言えると思います。

でも、病院のお医者さん全員が私たちの悩みの背景までわかってくれているわけではありません。

わきがで悩んでいることはわかってくれているけど、私たちの気持ちまでわかってくれているとは限らないんです。

だから、ニオイがするかしないかだけに注力して、「あなたはわきがではないので何もすることはありません。」と言われるんじゃないかと思っています。

もちろん正当な理由があって、わきがではないと診断されることもあるので、一概にいうことはできませんけど…

だから、わきがで悩んでいる方は、できるだけわきがを専門に取り扱っていて、親身になって聞いてくれる病院を受診するようにした方がいいと思っています。

わきがでないと診断されたけど手術したい

腕組み (2)

「わきがではありません。臭いません。」と診断されてしまったけれど、わきが臭が気になるし、手術がしたいと思っているなら、わきがの悩みに特化した病院や美容外科などを受診してみるといいと思います。

総合病院などよりも、専門的な対応をとメンタルケアなどをしてくれるので、前の病院では納得がいかなかったという人でも、満足のいく対応をしてくれると思います。

病院に行かずに自宅でわきがの悩みを解消するなら?

投げキッス (2)

「自分ではいろいろ試してきて、病院が最後の砦なのに、もう頼れるものがなかった」

「やっぱり自分で何とかするしかない!」

と思っているなら、私はわきが用のデオドラントを使ってみるのが、いいと思います。

わきが用のデオドラントは、市販のデオドラントと違って、ニオイの原因になる雑菌の繁殖を抑えてくれたり、汗を抑えてくれるので、効き目や持続性には満足しています。

私はこれで、人の目が気にならない位に、ニオイの悩みはなくなりました。

⇒「使っててよかった!わきがに効くデオドラントランキング

コメントを残す

このページの先頭へ