わきがの手術に必要な費用はどのくらい?治療費を安く抑えたいです

こんにちは

わきが治療で手術をしようと思った時に、「保険が適用できる、できない」、「傷が残る、残らない」、「再発しにくい、しやすい」とかいろいろあって、どれがいいのか良く分からなくないですか?

私も初めに手術でわきがを治そうと思ったときに、どの手術がいいのか良く分かりませんでした。

それに、わきがの手術をしようと思っても、手術にはある程度まとまったお金がかかります。

「安くしようとおもったら、保険が適用になる手術の方がいいだろうし」と思ったけど、どの手術だと保険が適用になるのか良く分かりませんでした。

広告を見ているとそれ以外にも費用は掛からないのかなと、いろいろ気になって調べていたら意外なこともわかりました。

手術の時にかかる費用について調べてみたので、できるだけ安く、わきがを治したいと思っている方は必見です。

わきがの手術の種類とかかる費用

勉強 (8)

わきがの手術といってもいろんな手術法があります。

ここではわきがの治療のために行われる主要な3つの手術を紹介します。

「剪除法」、「吸引法」、「ミラドライ」の3つです。

それぞれの手術の特徴と費用についてわかりやすく説明していきますね。

剪除法について

剪除法はどんな手術?

剪除法(せんじょほう)はアポクリン腺をハサミで除去していく手術です。

脇を切って、皮膚を裏返すと、わきが臭の原因になるアポクリン腺が確認できるので、それをハサミで取り除いていく手術です。

剪除法を「皮弁法」と呼んでいる病院もありますが、内容には違いはありません。

わきがの原因になるアポクリン腺は皮膚を裏返した時に目で確認できるので、取り残しも少なく再発の可能性が小さい手術ですが、傷口が大きく手術後には3センチ位の傷跡が残ってしまいます。

剪除法の費用はどの位?

剪除法は3つの手術の中で、唯一保険が適用になる手術です。

保険適用で安く手術をしようと思ったら、「剪除法」って覚えておくといいですね。

費用は保険が適用できないと20万円、保険が適用になると5万円ほどで受けることができます。

吸引法について

吸引法ってどんな手術?

吸引法は脇にあるアポクリン腺を吸引する手術です。

脇を切開した後に、カニューレという吸引器を使って脇にあるアポクリン腺を吸引して取り除く手術です。

吸引法は「クワドラカット法」とか「ローラークランプ法」なんて呼んでいる病院もあります。

吸引法も脇を切開しますが、傷口が非常に小さいので、傷跡が残りにくく、術後の傷口の治りも早くなるのが特徴です。

吸引法は剪除法と違って目視でアポクリン腺を確認するわけではないです。

だから、その分取り残しがでてしまうことがあり、再発の可能性は高くなります。

吸引法の費用はどのくらい?

吸引法は保険が適用になりません。

吸引法の手術費用は20~30万円ほどかかります。

ミラドライについて

ミラドライってどんな手術?

ミラドライはマイクロ波を使った手術です。

ミラドライは脇を切らずにできる手術で、マイクロ波を照射してアポクリン腺が働かないようにする手術です。

ミラドライの費用はどのくらい?

ミラドライは保険が適用になりません。

ミラドライの手術費用は25~35万円ほどかかります。

剪除法でも保険が適用にならないことがある!?

驚き (15)

わきがの手術は自由診療で保険が適用できない手術と、保険診療で健康保険が適用できる手術があるってお話をしました。

剪除法で手術をすると保険を適用できるんでしたね。

じゃあ、近くの病院にいって「剪除法をしてください」ってお願いして手術してもらって、請求書を見たら「20万円」だったなんてことがあるかもしれません。

剪除法で手術をしたのに、保険が適用にならないことがあるかもしれないんです。

なぜかというと、剪除法でも保険が適用になるかどうかは病院やクリニックによって変わってくるからです。

病院は基本的には保険適用になるのですが、クリニックだと、保険が適用にならないことがあるんです。

私の実家が新潟なんですが、新潟で手術をしようと思ったら大きな病院に行かないと保険が適用になりません。

クリニックだと保険が適用になるところがありませんでした。

東京のクリニックでは保険が適用になるところも多いみたいですが、特に地方では保険が適用にならないことがあるかもしれません。

手術をしようと思った時にはまずはネットで料金などを確認してから受診するといいですね。

→「わきがの手術を保険適用で受けるための条件は?

→「わきがの手術は地方の病院やクリニックでもできますか?

わきが治療の実質費用はもっと掛かる

驚き (12)

わきがの手術費用について説明してきたんですが、もう少し、私たちが負担しないといけない実質の負担額は増えるかもしれません。

実は、広告に載せられている料金よりも、もっと費用がかかることがあります。

それぞれのわきがの手術にかかる費用の内訳は、手術代、麻酔代、薬代などです。

手術をするためには、診察代とか、血液検査で別途の費用がかかります。

大体、血液検査の費用は1万5千円位ですね。

そして、剪除法で手術をしようとすると、血液検査の費用以外にも、さらに費用がかかることがあるみたいです。

剪除法で手術するともっとお金がかかることがある

あと、病院によっては剪除法で手術をしようと思った時に保険は適用になるけど、思ったよりも費用がかかったというケースがあります。

剪除法で手術をすると、傷口がほかの手術よりも大きくなるので、傷が回復するまでの期間、入院を勧められることがあるからです。

先ほど説明した手術費用には入院費や、食費などは含まれていません。

診察、血液検査や入院も含めると、トータルで3万~5万弱は負担する費用が増えると思っておくといいでしょう。

入院はしない方がいい?

もちろん、私たちにたくさんお金を払ってほしくて入院させるんじゃないと思いますよ。

傷口が開かないように安静にしているため、だったり着替えや食事などで行動に制限が出てしまうからです。

ひじから先しか自由がないので、不自由な思いをすることになります。

無理して動いて、傷が開いて治りが遅くなったら仕事に復帰できるのも遅くなってしまいます。

よっぽど家に帰らないといけない理由がない限りは、入院して休んだ方が体のためになると思いますよ。

変に動いて、傷跡が残ったら嫌ですもんね。

→「わきが手術の日程ってどうなっているの?入退院のスケジュールは?

片脇のニオイが気になるときって、手術は片方だけでいいの?

肩こり (5)

わきがのニオイが気になっている人の中には片脇のニオイが気になっている人もいると思います。

当然、わきがの手術は片脇だけの方が手術の費用は安く済ませることができます。

でも、片方の脇のニオイが気になるからといって、片脇だけの手術を勧められることはないと思います。

片脇だけにアポクリン腺があるなんてことはなくて、必ず両脇にあるからです。

脇にあるアポクリン腺の数は生まれた時に決まっています。

でも、それじゃあ片脇だけニオイがする理由がわからないですよね。

両脇とも同じ数だけアポクリン腺があるわけではありません。

利き腕の方がアポクリン腺が多い傾向にあります。

だから、利き腕からの脇のニオイが気になっているけど、臭わない方の脇にもアポクリン腺はあるんです。

それに、わきがの手術をした後に手術してない方の脇のニオイが気になることもあります。

わきがの手術で再発した人の中には脇の手術をしたら、胸やあそこのわきが臭が気になるようになったという人がいるからです。

術後臭のように他の部位にあるアポクリン腺が活発になってニオイが強くなるそうです。

もし、片脇だけの手術をして逆側のニオイが強くなっても、わきがの悩みは解決したとはいえないですよね。

社会人だと、せっかくの休みを利用して手術をすると思うので、何度も通うのは無駄な手間に思ってしまいます。

私だったら、ニオイが気になっているなら両脇の手術をすると思います。

→「わきが手術を受けたいけど仕事が忙しくて長期休みが取れない

→「わきがの手術をしたいけど、子供もいるから時間や費用に余裕がありません

できるだけ安く手術をするには保険が適用できる手術と病院で受けよう

なるほど (3)

わきがの手術をできるだけ安くしようとしたら、保険が適用できる病院で剪除法の手術をしてもらいましょう。

その時の手術の費用は大体5万円から10万円ほどかかると思って、お金にはある程度の余裕をもって受診するといいですね。

→「わきがの診断は病院の何科でしてもらえばいいですか?

それでも、手術費用は高いと思う…

「手術費用が高くてちょっと別の方法を探そうかな」とか、「今すぐには無理かも」とか「脇に傷跡が残るなら保険が適用にならない手術をするためにお金貯めなきゃっ」てなりますよね。

私もわきがの手術をしようと思った時、効果が高い手術は傷口が残るっていうのを知って、かなり迷いました。

かといって、傷が残らない手術をするには、もう少しお金が必要でした。

結局、私は別の方法を探すことにしました。

わきがも、お金も、後悔しない治療をしよう

爽やか (6)

私が一番大切にしているのはわきがのことも、お金のことも、後悔しないことが大切だと思っています。

「自分で納得がいって、お金を払っているのか」ってことです。

特に女性の方で「思ったよりも脇にできた手術の傷跡が気になった」という意見を掲示板などで目にしました。

悩んだんですけど、私は怖いっていう気持ちの方が強くなってしまいました。

「あの時、ああすればよかった」、「やっぱりやらなきゃよかった」って散々後悔して生きてきました。

うまくいかなかったらってことを考えると納得できなかったんです。

もし、あなたも同じような悩みを抱えているなら、そのままでもいいと思っています。

私はわきがの悩みがなくなるまでは、かなりネガティブな人でしたから。

自分の気持ちを受け止めてあげることも、ニオイを悩みとしてとらえないようになるためには必要なことです。

徐々に自分のことを受け入れられるようになればいいと思っています。

私はこれから生きていく上で、「後悔しない生き方をしたいな」って思って、過ごしています。

私は手術で後悔したくないって思ったから、いろいろ試してきました。

その中でも、わきが用のデオドラントが私にとってわきがを克服するきっかけになったんです。

デオドラントを変えるだけなので、手術よりも安いですし、アポクリン腺がなくなるわけではないけれど、ニオイで悩むことはなくなりました。

もし少しでも手術に抵抗があるなら、あなたもわきが用デオドラントを試してみてはどうですか?

⇒「手術に抵抗がある人におすすめ!わきが対策におすすめのデオドラントはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ