アトピーで肌に合う制汗剤やデオドラントなくて困っています

こんにちは

アトピー肌だと、制汗剤やデオドラントを使いたくても、肌に合わないものって多いですよね。

アトピーなのに汗っかきだと、体のニオイも気になるし、シャワーを浴びてもすぐにニオイが気になります。

体臭が気になるけど、皮膚へ刺激がないように対策するにはどうしたらいいのでしょうか?

アトピーとニオイには密接な関係がある

悩み (18)

アトピーとニオイには密接な関係があります。

アトピーの原因は菌が原因となっていることは知っていますか?

慶応大学の研究」から、アトピー性皮膚炎は皮膚の異常細菌巣が引き起こしていることがわかりました。

ちょっと分かりやすくすると、普段皮膚に存在している菌にはいろいろな種類の菌がいるのですが、アトピー性皮膚炎の人は黄色ブドウ球菌と、コリネバクテリウム属の菌が偏って存在していることがわかりました。

実は、この黄色ブドウ球菌とコリネバクテリウム属の菌はわきが臭とか、汗臭さととても深い関係がある菌でもあるんです。

ニオイもアトピーも発生源は菌なんです。

ニオイは雑菌が皮脂やタンパク質を分解したときに出る分泌物から発生しています。

雑菌がエサを食べた時のフンがニオイを発しています。

重度のわきが体質の人や、体臭が強い人は、黄色ブドウ球菌やコリネバクテリウム属のジフテロイド菌が肌に多く存在している傾向があるそうです。

私も経験がありますが、脂っこいものを食べたりすると、汗臭さとか、わきが臭といった体臭は強くなります。

アトピーも食生活が乱れて肉中心の生活になると悪化してかゆみが出てきますよね。

アトピーの原因は脂とタンパク質

アトピーも、ニオイも、肌環境がとても重要な役割を果たしているんです。

ニオイもアトピーも乾燥を防ぐことが大切

保湿クリーム

ニオイも、アトピーも肌の環境が大切です。

わきが臭が気になるのって汗かきの人が多いイメージもあると思いますが、乾燥肌の人も体臭やニオイは強くなります。

アトピーになると、肌が乾燥して粉を吹いて白っぽくなりますよね。

この粉は皮膚から剥がれ落ちた角質細胞なんですが、これも菌にとってみれば、おいしいエサなんです。

乾燥肌が進むと、黄色ブドウ球菌やコリネバクテリウム属の菌がどんどん増えていきます。

すると、アトピーも体臭もどんどん悪化していきます。

アトピーは肌の水分とか、油分をバランスよく保とうなんて言われますけど、ニオイに関しても同じことが言えます。

肌を保湿して乾燥を防ぐことはニオイやアトピーが悪化することを防ぐことができます。

引っ掻いた傷があったり、ただれてジュクジュクしているときにデオドラントを使っても大丈夫?

ひっかいて、かき壊した肌には、残念ながらデオドラントは使わない方がいいでしょう。

デオドラントや制汗剤は傷口が良くなるまで待った方から使った方がいいでしょう。

アトピーで脇のかゆみが気になる人は肌の保湿を意識するといいですね。

かゆみが出るのは、肌のバリア機能が落ちている証拠です。

肌が乾燥して皮脂膜がなくなっていると、刺激がダイレクトに伝わってしまいます。

肌の刺激に敏感な状態なので、外部の刺激に非常に弱い状態です。

肌の状態がいいときはあまり気にならなくてもひっかいた後だとかゆみが強くなることがあります。

ただれたり、かゆくならないようにしっかりと保湿をしてあげましょう。

そして、傷口がふさがってからデオドラントや制汗剤を使うようにしましょう。

こんな制汗剤やデオドラントはアトピーの人に向いてない

NO (2)

汗のケア、ニオイのケアをしようとしたときに肌に合うデオドラントがないという人がいると思います。

塗った後にかゆみが出たりする人もいると思います。

もしかして、ニオイ対策にこんなタイプのデオドラントを使っていませんか?

デオドラントの中には刺激が強いものや肌の乾燥を促してしまうタイプもあります。

ロールオンタイプのデオドラントは刺激が強い

直塗りタイプのロールオンタイプのデオドラントはアトピー体質の人にとっては刺激が強くなることが多いです。

ロールオンタイプのデオドラントは液状で溶媒としてエタノールなどのアルコールがデオドラントの中では多く含まれています。

傷口にエタノールをかけるとしみるように、乾燥肌の人にとってはロールオンタイプのデオドラントは刺激が強くなります。

それに、塗った後にひんやりしますよね。

アルコールを塗った後のひんやり感は肌の水分、脂肪分が一緒に蒸発しているんです。

つまり、ロールオンタイプのデオドラントは肌の乾燥も促してしまいます。

同様にデオドラントシートもアルコール分が多いので肌の必要な水分を奪ってしまうので、アトピー体質の人には向いてません。

→「ロールオンタイプのデオドラントを使うと赤くかぶれるけど大丈夫?

制汗スプレーは乾燥によるかゆみを引き起こす

制汗スプレーは汗を抑えるだけではなく、使った後にさらっとするものが多いですよね。

制汗スプレーは吸水性の高いパウダーを肌に付着させることで汗を吸収しているんですけど、これもアトピー肌の人には向いてません。

皮膚にある水分を吸収してしまうので、乾燥を促してしまいます。

ただでさえ乾燥肌気味なのに、これ以上水分を奪って意味はあるのでしょうか。

そして、制汗スプレーには塩化アルミニウムが含まれています。

塩化アルミニウムは制汗作用が強く、刺激の高い成分です。

スプレータイプのデオドラントや制汗剤はアトピー肌の人のニオイ対策には向いてません。

→「スプレータイプのデオドラントは乾燥を促してかゆくなる

→「制汗剤やデオドラントに使われる塩化アルミニウムはかゆみ・かぶれの原因になる

アトピーには保湿してくれる無添加デオドラントクリームがおすすめ

お願い (8)

アトピー肌の人は「刺激が少ないデオドラント」、「保湿効果の高いクリームタイプのデオドラント」であることに注目して選ぶといいでしょう。

刺激が少なく、無添加のデオドラント

肌が乾燥していると、ダイレクトに刺激が伝わってしまって余計にかゆみを感じてしまいます。

できるだけ無添加で肌の刺激にならない成分が使われているデオドラントを選びましょう。

保湿効果の高いクリームタイプのデオドラント

デオドラントの中でもクリームタイプは保湿効果が高いです。

溶媒はエタノールがメインではないので、肌荒れも起こしにくいです。

肌が乾燥した状態だと、ニオイが強くなることがわかっているので、わきが用のデオドラントクリームなどは保湿効果が高いものが多いです。

肌のバリア機能を保ってくれるように、肌によくなじんで保湿してくれるクリームタイプのデオドラントを使いましょう。

アトピーも辛いけど、さらにニオイで悩むのはもっと辛いですよね

こんなにニオイとアトピーには共通しているところがあると、「デオドラントクリームを使うとアトピーも治るのでは?」と思う人もいると思います。

デオドラントクリームはアトピーを治してくれるわけではありません。

アトピーを治してくれるわけではないですが、汗や菌の繁殖を抑えてくれるデオドラントクリームを使うことは、何かしらの形でアトピー対策になるんじゃないかと思っています。

私も体質改善をしてから肌が弱いのが良くなったり、わきが臭が改善しましたから。

そして、何よりデオドラントが自信をつけるきっかけになったらいいなと思っています。

ニオイの悩みがなくなったらとてもうれしいと思いませんか?

アトピーで悩んでいる人って、周りの人のことをいつも気にかけてくれている優しい人が多いと思います。

自分が周りに迷惑をかけているんじゃないかと思ってしまいすよね。

ニオイの悩みも一緒だと思います。

私は自分が臭っていないか、いつも周りの人の様子を気にしていました。

私も今の彼氏に告白された時も「私はわきがだから彼に迷惑をかけてしまうから付き合ってはいけない」と思っていました。

でも、そんなことはないんです。

もちろん心ない人も世の中にはいますが、思いやりのある人もたくさんいます。

そして、悩みが減るってことは自分に自信をつけることができるし、思いやりのある人とも出会うことができます。

デオドラントクリームは保湿効果があるので肌のバリア機能を支えてくれるし、菌の繁殖も防いでくれます。

アトピー肌、ニオイが気になる人は刺激が少なく保湿効果があるデオドラントクリームをためしてみてくださいね。

⇒「アトピーで肌が弱くて困っている人におすすめのデオドラントはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ